プロに聞く住宅の塗り替えポイント!!

塗り替え時期や塗料について 葵ペイント 山内 志織

建物の外壁は年月が経過すると直射日光の紫外線をはじめ、四季を通しての風・雨・雪など天候条件などで徐々に老朽化して行きます。塗装をする場合は塗料の種類や性質、建物の立地条件などでも老朽化のスピードに差が出ますので注意しなければいけません。

そもそも塗り替えの役割は?

適切なサイクルで塗り替えをすることで家の寿命は大きくのびます
塗り替えとは「家に服を着せてあげるようなもの」これが本来は塗装の最大の目的で、これによって家の寿命が大きく変わってきます。建材そのものには防水性がありません(工場で塗装されている物もあります)。塗装することで建物を紫外線や風雨による腐食から守り、そして老朽化を防ぎ長期間保護します。また、塗り替えで新築のような綺麗な外観になります。何十年も暮らす大切な家ですので見た目の美しさも大変重要なのです。塗料には美観を損ねる汚れを付きにくくする役目や、汚れを落ちやすくする機能も持ち合わせています。

こんな時は塗り替えです

補修費用までかからないように塗り替えサインを見逃さないで
建物の外壁は年月が経過すると直射日光の紫外線をはじめ、四季を通しての風・雨・雪など天候条件などで徐々に老朽化して行きます。
以下の項目は塗り替えの時期です。【カビやコケが目立ってきた】カビやコケは外壁の汚れの主な原因で塗装面が劣化して水分を含みやすくなっている状態のときに発生します。【目地割れ】サイディングやシーリングに割れや硬化・痩せが見られると雨水などの進入口になり中の骨組みなどを傷めたり反りやヒビ割れを起こす原因になります。【クラックや反り】サイディングボードに割れや浮きが見られてくると水の浸入口になり補修費用が必要になるため早めの対応をオススメします。【チョーキング】塗料が劣化してくると手で触った場合に白い砂のようなものが付着します。【クラックが見られる】水の浸入口になり大きくなると補修費用がかかるため早めの対応が必要です。    

塗料について知っておきましょう

用途に合わせた様々な塗料が大切な家を守り続けます
住宅の塗り替えで使う塗料には様々な種類や性能があります。【アクリル塗料】アクリル塗料は安価で気軽に塗り替えられますが耐久性が低いためこまめな手入れが必要となります。【ウレタン塗料】ウレタン塗料の耐久年数はシリコン塗料より劣りますが塗料のはがれが気になる箇所などに使えます。【シリコン塗料】シリコン塗料は費用対効果の高い塗料で価格と耐久性のバランスが良い塗料です。【フッ素塗料】価格は割高ですが長期的にみれば耐久性が高いのでお得な塗料といえます。【無機塗料】価格は割高ですが超耐久性で紫外線にも強く防汚性も高いので長期にわたり住宅を美しく守り続けます。【ラジカル塗料】紫外線、酸素、水による塗膜の劣化を防ぎます。あらゆる壁材にも対応する次世代塗料で、シリコン塗料やフッ素塗料に近い最新塗料です。【断熱塗料】熱を通さず外壁屋根の温度を下げて光熱費を削減できます。【遮熱塗料】太陽光を反射し建物の温度上昇を防ぎます。【光触媒塗料】太陽の光で汚れを浮かせ雨で洗い流すECO塗料です。【ナノテク塗料】最新テクノロジー技術で汚れを雨が洗い流し、難燃性で耐候性があります。このように、住宅の塗り替え塗料には様々な種類がありますので地域特性なども考慮し適切な塗料を選択することはとても重要なことなのです。