運営会社

そもそも塗り替えの目的は?

周りを見てみると住宅の塗り替えをしっかりする家と全くしない家が…本当に住宅の塗り替えって必要なの?

住宅は築年数が経つと外観の美しさは色褪せてきます。
住宅の塗り替えで外観をキレイに保つことは勿論大切なのですが、本当に大切なことはもっと他にあるのです。
雨や雪や風などの自然環境要因から住宅を守っている外壁や屋根は少しずつ劣化し放っておくと
塗装だけでは済まず大規模な修繕工事も必要になってしまいます。
外観の美しさ以上に大切なこと、それは塗装することで劣化を防ぎ雨などの侵入を防ぎ住宅を
守り長持ちさせることなのです。そうです、塗り替えは住宅を「保護」することが最大の目的なのです。

塗り替えの一番重要な役割は保護なのです。

このような原因が建物を傷めます。

  • 雨
  • 雪
  • 風
  • 排気ガス
  • 紫外線

雨や雪や風で住宅に水分が侵入すると内側から腐食します。
排気ガスは外壁を汚し雨と混ざると落ちにくい汚れの原因に。
紫外線は住宅にとって最大の敵で塗膜劣化の原因です。

築年数と塗り替えの関係

外壁

  • 第1期 5~10年

    この時期はコスト的に大変オトクです!!

    サイディングボードのクリヤー塗装はこの時期に!!
  • 第2期 10~15年

    そろそろ傷みが進み、塗り替え時期です。

  • 第3期 15~20年

    塗り替えの他に、補修の附帯工事が必要です。

一般的に住宅の塗り替えは新築時より10年前後が目安です。

屋根

  • 色褪せ

    劣化の初期サイン。
    雨、風、紫外線などが原因です。

  • 苔・藻

    立地条件と水分やほこりなどの影響です。

  • 割れ・ズレ

    自然災害を受けて起こる現象で雨漏りが起きる可能性があります。

  • 欠落

    台風や嵐などの影響で欠落し、雨漏りや躯体劣化が起きます。

  • うねり

    かなり深刻な状況で、屋根の張替えが必要な状態です。

塗り替えサイン

外壁や屋根の経年劣化をそのまま放っておくと躯体そのものを傷めてしまうおそれがあります。
それは、大切な住まいの寿命を縮めてしまうことにもつながりかねません。また、劣化が激しくなってからの塗装工事というのは、
さまざまな個所の補修や補強が必要となるケースが多々見受けられます。附帯工事が増えてしまうと必然的に工事代金が高額に
なる可能性が高く、そうなる前に“塗装のプロ”による、きめ細やかな診断が大切になります。

このような症状が外壁や屋根に出はじめたら、塗り替えのサインです。

  • チョーキング

    外壁を少し触っただけで白い粉状のものが付くチョーキングが起きています。

  • 藻の発生

    雨水が多く流れる箇所は汚れや藻などが付きやすくなります。

  • クラック(ひび割れ)

    サッシまわりはクラックが入りやすく放置すると広がっていきます。

  • コーキングの割れ

    大きな亀裂が入っている状態です。防水の役割を果たさず水が浸入します。

  • 藻やコケ、カビの発生

    コロニアル屋根に藻やコケ、カビが発生した状態です。

  • 割れの発生

    コロニアル屋根は割れやすく少し触っただけで取れてしまう場合があります。

  • サビの発生

    サビがはっきりと出ています。

  • コケの発生

    モニエル瓦にコケが生えた状態です。